世界を夢見る「みやきMJ」の子どもたち=みやき町こすもす館

 みやき町のストリートダンスチーム「みやきMJ」(深見あかね代表)が毎週水曜日、同町こすもす館でヒップポップダンスの練習に汗を流しています。

 指導に当たるのは、久留米市の「スタジオMJダンススクール」です。世界大会ユース(未成年)部門で優勝したブレイクダンスチーム「九州男児新鮮組」が所属するスクールです。

 町のイベントでダンスを見たのを機に3年前に発足、町民祭や春・秋の文化祭などで披露しています。「やってみたい」と希望者が次々に増え、幼稚園から中学生まで43人が世界に羽ばたく夢を追っています。

 アクロバットをしながらダンスをするには基本が大切。ストレッチ、リズム運動から始め、曲に合わせた振り、マット運動、バク転など真剣に取り組む練習からはメンバーの“やる気・元気”が伝わってきます。

(地域リポーター・橋本美雪=みやき町)

このエントリーをはてなブックマークに追加