毎年、鳥栖市内の小中学生が夏休みに歴史的関係の深い長崎県・対馬市を訪ねて交流している「鳥栖やまびこ研修団」が団員を募集する。訪問期間は8月8~10日の2泊3日。今回は同市の明治維新150年記念事業と位置づけ、歴史的関係により深く触れる研修内容としている。

 研修団は江戸時代に同市東部と基山町が対馬藩の田代(たじろ)領として治められていた歴史的関係を学び、自然豊かな対馬でさまざまな体験活動と対馬の人々との交流を行おうと2013年から派遣している。

 ことしは田代領副代官として善政をしいた賀島兵介(かしまひょうすけ)公ゆかりの地や、田代の人たちが開拓をした土地を巡る。恒例の大船越小・中学校での平和学習に参加して平和について学び、シーカヤック体験なども行う。

 募集は市内在住の小4~中3までの30人。事前説明会や研修会への参加が必要。参加費は小学生1万7000円、中学生2万1000円。締め切りは6月8日。希望者は往復はがきに氏名、学校・学年など必要事項を記入の上、〒841-8511 鳥栖市宿町1118、鳥栖市教育委員会生涯学習課内の研修団事務局=電話0942(85)3694=へ申し込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加