神代芳男議会事務局長

 佐賀県議会事務局は本年度から政務調査室を「課」に格上げし、機能を強化した。行政と両輪をなす議会は、執行部をチェックするだけでなく、県民のための政策を立案する機能も求められる。副課長級以上の最初の打ち合わせでは「事務局が一丸となり議員活動を支えていこう」と声を掛けた。

 前任の総務部副部長も含め総務畑が17年、教育委員会が11年と長い。

 総務法制課時代には、三養基郡みやき町で暴力団事務所の建設問題が持ち上がり、住民と一緒にデモ行進するなど排除に取り組んだ。「官民が連携して事務所の進出を阻止できたのはよかった」と思い返す。

 「今の立場で何をやるべきかを考えて動くタイプ」と自己分析する。前年度に初めて人事課が実施した部下職員からの評価では「論理的」などと指摘され、「どう思われているのか、いい意味で気づきになった」。妻と小学6年生の息子と暮らし、「まだまだ子育て世代です」。杵島郡白石町。

このエントリーをはてなブックマークに追加