県内の高校生で初めてキャラバン・メイト(認知症サポーター養成講座の講師役)の資格を取得した神埼清明高(岩村彰校長)の生活福祉系列3年生5人が15日、千代田西部小(島孝彦校長)で養成講座を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加