消防団の活動をPRする全国消防イメージキャラクターの「消太」(左)とサガン鳥栖のマスコット「ウイントス」=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカーJ1・サガン鳥栖と県消防防災課は17日、消防団入団の呼び掛けや活動への理解促進に向け、協力してプロジェクトを実施すると発表した。サガン鳥栖の試合でPR活動するなど、さまざまな取り組みを行う。

 第1弾は、20日に鳥栖市のベストアメニティスタジアムで開催されるJ1リーグ戦第15節のFC東京戦で実施。消防団をPRするクラップバナーを来場者に配布するほか、加入受け付けの特設ブースを設置し、入団の意志を示した先着5人に選手のサイン入りレプリカユニホームをプレゼントする。

 PR活動は今季3回程度実施する予定で、はしご車体験なども計画している。同課は「多くの人が集まるサガン鳥栖の試合で、活動をしっかりアピールしたい」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加