交流施設の追加工事費問題や元商工観光課長による文書偽造、公金不正流用など、佐賀県小城市で相次ぐ不祥事を追及しようと、市内の主婦ら4人が市民団体「小城市をよくする市民の会」を立ち上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加