飲酒運転による交通事故で、当時大学生の娘を失った福岡県糸島市の大庭茂(しげ)彌(み)さん(71)が15日、多久市の多久高(中島慎一校長、399人)で講演した。「娘の死を無駄にしないために」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加