国土交通省九州地方整備局は15日、労働安全衛生法違反で罰金刑を受けた佐賀市の建設業者「協和製作所」を、同日から1カ月間の指名停止にすると発表した。

 同局によると、同社は佐賀労働基準監督署に社員の負傷で虚偽の報告をしたとして、昨年12月に佐賀簡裁から同法違反の罪で罰金刑の略式命令を受け、4月10日には同局が監督処分を行っていた。同社の同局からの受注実績は前年度7件、計約2億5千万円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加