総務省は15日、眠っている資源を有効活用し、地域が抱える課題の解決や活性化を図るモデル事業の実施自治体として、12府県の14市町村と佐賀県を選んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加