おもちゃ作りに取り組む親子=佐賀市産業振興会館

布のおもちゃで遊ぶ親子=佐賀市産業振興会館

 子育て世代が交流するイベント「出会いの広場」(佐賀市社会福祉協議会主催)が12日、佐賀市諸富町の市産業振興会館で開かれた。親子で工作したり、赤ちゃんをボランティアスタッフに抱いてもらいほっと一息ついたり、リラックスした時間を過ごした。

 13回目を迎えたこのイベントは、市内外から約300人が訪れる人気イベント。会場では、絵本の読み聞かせをはじめ、地域のボランティアによる手作り布おもちゃ遊びや新聞紙のかぶと作りなど多くのブースがあり、子どもたちも熱中して取り組んだ。

 同社協地域子育て支援センターの真崎明美所長は「イベントを始めた当初はほとんど見なかった父親の参加が一昨年ころから増えてきた。共働き世帯が増えているのだろう。子育て支援センターを利用する育休中の母親も多い」と最近の傾向を語る。

 2歳の娘と布おもちゃで遊んでいた諸星奈緒さん(33)=佐賀市=は「子どもも楽しんでいる。子育て支援センターは、よく利用しており、娘にも私にも必要な場所」と話した。 

このエントリーをはてなブックマークに追加