「Bar真理子」を開いた圓城寺真理子さん

「Bar真理子」-。そんな不思議な名前の異業種交流会がありました。平日の夕方、小城町の小城鍋島家tenを貸し切り、そこにスーツ姿の男性、子連れの女性、家族、夫婦、仕事帰りの女性らが集まって、持ち寄った料理を食べながら歓談が始まりました。

 呼びかけ人は三日月町の圓城寺真理子さん(43)、小中学生2人の子どものお母さんです。子どもが大きくなるにつれ大人同士のつながりが薄くなるように感じ、つながりが続くようにと大人の居場所づくりの「ま・まんでぃ」という団体も主宰しています。各自の得意なことを持ち寄って学び合ったり、イベントで大人の楽しんで遊んでいる姿を見て子どもが笑顔になるような活動が展開されています。

 「Bar真理子」は大人が緩くつながり合う場を提供したいと始めたそうです。今後も場所を転々としながら開催予定。興味をもった方は誰でもウェルカム! 持ち寄った料理をつまみながら、お話するのはいかがですか。満面の笑みで真理子ママがお迎えします。(地域リポーター・泉万里江=小城市)

このエントリーをはてなブックマークに追加