九州電力と佐賀県、唐津市の3者が、2015年に廃止になった唐津市二タ子の旧唐津発電所(石油火力)に関し、解体や撤去のスケジュールをまとめる方向で最終調整していることが14日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加