佐賀県いじめ問題対策連絡協議会が14日、県庁で開かれた。教育委員会や児童相談所など関係機関の担当者らが、いじめに関する学校現場の対応や会員制交流サイト(SNS)の状況を確認し、連携を強めていく方針を確認した。

 県小中学校長会副会長の池之上義宏川副中校長は、いじめを受けた生徒が学校に相談しにくい理由として、保護者に心配をかけたくないことや加害者からの二次被害の恐れなどを指摘した。「被害を防ぐだけでなく、加害者本人がいじめを繰り返さないように、学校には時間と根気と対応力が求められる」と強調した。

 県私立中学高校校長会会長の梶原彰夫佐賀学園高校長は、ほとんどの高校生がスマートフォンを持ち、SNSを利用している状況を説明した。情報モラルに関する講話の実施など対策を示しつつ、「ネット上の誹謗(ひぼう)中傷など問題を早く把握し、タイムリーな指導につなげることが求められる」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加