有田まちづくり公社がオープンした有田焼と日用品のライフスタイルショップ「bowl」=有田町本町

 有田まちづくり公社(高田亨二社長)が4月、有田焼と日用品のセレクトショップ「bowl(ボウル)」を有田町本町にオープンした。めでたい吉祥文様の焼き物をカジュアルに使うぜいたくな暮らしを提案する。

 長崎県波佐見町の雑貨店「HANAわくすい」、波佐見焼の人気ブランド食器「HASAMI」の立ち上げに関わった高塚裕子さん(42)がマネジャーを務め、仕入れを担当する。

 築100年の陶磁器商社を改装し、売り場面積は約200平方メートル。松の形をした皿、宝づくしの文様入りのふた物を網かご、付箋などと並べる。約600品目の商品には洋服や食品もある。

 高塚さんは「今の流行に合わせ、有田焼を“ドレスダウン”するような店づくりを心がけた。人の流れを作る観光、周遊拠点に育てていきたい」と抱負を述べる。

 営業時間は11時~18時。駐車場の収容台数は3台。水曜日定休でお盆、正月は休み。問い合わせは電話、080(7983)5733。

このエントリーをはてなブックマークに追加