職員から花束を受け取る樋口久俊市長=鹿島市役所

 任期満了に伴う4月の鹿島市長選で再選を果たした樋口久俊市長(72)が14日、初登庁した。職員に「初心を忘れず、精いっぱい負託に応える努力をしていく」と3期目の抱負を述べた。任期は12日から4年間。

 樋口市長は午前8時45分ごろ、市役所玄関で職員に拍手で迎えられ花束を受け取った。就任式では部課長ら職員を前に、8年間の感謝を告げ、「引き続きそれぞれの立場でふるさと鹿島のため、市民の幸福度向上のために何ができるかを考え、職務に精励してほしい」と訓示した。

 また、樋口市長は整備方針が揺れ動く九州新幹線を引き合いに、「まだまだ波乱があるだろうが、思い通りにいかないことにどう対処するかが、私たちの仕事に求められる。しっかりと対応していこう」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加