佐賀県内の4月の新車販売台数は前年同月比5・1%増の2656台で、5カ月ぶりに前年実績を上回った。決算月だった3月の受注残や新型車の販売が好調で、登録車、軽ともにプラスで推移した。

 登録車の販売台数は0・9%増の1195台で、8カ月ぶりにプラスだった。無資格検査問題が発覚し、昨年度後半は伸び悩んだ日産自動車が4・8%増と、復調の兆しが見えてきたようだ。ほかにスズキが28・0%増と好調だった。

 軽自動車は8・9%増の1461台で2カ月ぶりにプラスとなった。新生活に向けて新車を購入する消費者のニーズを取り入れた。決算月の3月までに受注した分の納車が月を繰り越す動きもプラスに寄与した。

このエントリーをはてなブックマークに追加