唐津市相知町町切で13日、江戸初期から伝わる「町切水車」が回り始めた。田植えを前に、地域住民と活動をサポートしている唐津工高生の計約30人が取り付け作業に精を出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加