山口祥義県知事(中央)に寄付金を贈った井上渡取締役常務執行役員開発・管理担当(左)と柴田祐司社長=県庁

 イオン九州とマックスバリュ九州は10日、電子マネー「がばいよか!佐賀WAON」の利用額の一部146万8681円を佐賀県に寄付した。寄付金は子どもたちの夢や味蕾を応援する事業に活用する。

 県庁で開かれた贈呈式でイオン九州の柴田祐司社長とマックスバリュ九州の井上渡取締役常務執行役員が山口祥義知事に「インターネットを使った学びが増えた。寄付金は実体験を通じて学ぶ活動に役立てていただければ」と話し、目録を贈った。

 県とイオンは2012年に包括協定を結び、佐賀WAONを発行した。今年2月までに発行部数は3万879枚が流通している。昨年度の贈呈金は佐賀の歴史を学ぶ活動などを実施する県内5団体に助成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加