県が佐賀大学と共同開発した佐賀米の新エース「ぴかいち」(短かんコシヒカリ)の緊急増殖分の刈り取りが、佐賀郡川副町の県農業試験場であり、種もみ約4キロを収穫した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加