中野建設の創業100周年記念祝賀会であいさつする中野武志社長=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 中野建設(本社佐賀市、中野武志社長)の創業100周年記念祝賀会が12日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀であった。同社従業員や取引先など約260人が出席。100年の歩みを振り返り、さらなる発展を誓った。

 あいさつで中野社長は会場で胸像が披露された中野良次前会長の業績などを回想。「もの作りに対する思いや時代のニーズに対応する気質は継承しながら、『感謝を柱に、未来へ。』というスローガンの下、地域の発展やお客様の満足度向上のために日々努力したい」と決意を語った。

 来賓を代表して、山口祥義県知事と秀島敏行佐賀市長、中尾清一郎佐賀新聞社社長が祝辞を述べた。

 同社は1918(大正7)年2月に個人建設業として創業し、建築、土木、舗装、住宅などを幅広く手がける総合建設業に成長。12年からは広島、京都でホテル事業にも参入している。

このエントリーをはてなブックマークに追加