試験前に説明を受ける受験者たち=佐賀市の県警本部

 大学既卒者などが受ける佐賀県警の警察官A特別採用試験の1次試験が13日、佐賀市の県警本部であった。10人の採用枠に対し50人が受験し、競争倍率は5倍となった。

 A特別採用試験は、大学や大学校などの既卒者と今年9月末卒業見込みの学生を対象とし、資格による加点がある。10月1日付の採用を予定している。

 今回は男性8人、女性2人の募集に対し男性46人、女性4人が受験した。社会科学や人文科学などの教養試験、腕立て伏せなどの体力試験に臨んだ。合格者は24日に発表され、6月中旬までに論文や面接の2次試験を受ける。

 来年3月末卒業見込みの学生や既卒者が受験できる警察官A採用試験は、今月31日まで申し込みを受け付ける。サイバー犯罪捜査の向上を目的に、情報処理の資格者が受験できる「情報工学区分」を新たに設けている。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加