佐賀県は11日、九州新幹線長崎ルートを全線フル規格で整備した場合、県の負担額は歳出予算ベースで約2400億円となり、長崎県の約1千億円と比べて2・4倍になるという独自の試算を公表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加