刺股やいすをつかって不審者を取り押さえる訓練に取り組む教諭ら=みやき町の中原小

 校内に入った不審者に対応する訓練が9日、みやき町の中原小(槙俊二校長)であった。全校児童や教諭らが、迅速な避難や不審者を児童に近づけない方法について実践を通して学んだ。

 訓練は不測の事態に備えようと、県警防犯アドバイザーや警察官、町安全安心まちづくり町民会議のメンバーらが協力し、毎年この時期に実施している。これまでは玄関先で行っていたが、今回初めて、不審者が児童がいる教室まで侵入したとの想定で行った。

 訓練では、不審者が刃物を持って教室に入ると、担任教諭が不審者を刺激しないようにしながら、教室外に誘導。隣のクラスの教諭も一緒になって空き教室に不審者を誘い込み、応援に駆け付けた教諭数人が刺股などで不審者を取り押さえた。児童は校内放送に従って、物音や話し声を立てないようにしながら迅速に体育館へ避難した。

 訓練を見守った槙校長は「実際に侵入者と対峙(たいじ)するとどう動けばいいか分からなくなると思うが、大切なのは子どもたちに近づけないこと。臨機応変に動けるよう心構えをしっかりしたい」と気を引き締めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加