前回は弥生時代前期(約2300年前)の八ッ並丘陵が、この地域の母村集落だったとお話ししました。その後、集落は爆発的に増え、柚比丘陵群(現在の鳥栖市今町、弥生が丘、柚比町)全体で集落が営まれます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加