1910(明治43)年4月、神原玄祐師は大興善寺の玉岡誓恩住職のもとに入門した。当時15歳の玄祐少年に誓恩師は、自分の真価を問う意気込みで教育に当たった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加