このほどオープンした「あすか」で買い物を楽しむ客=基山町園部

 地元の産直品を販売する飾菜きの里「あすか」が基山町園部の県道17号線の園部インター近くにオープンした。昨年12月に同地にあったコンビニエンスストアが閉店。近郊の買い物弱者のことを心配し、機械部品加工が専門の地元企業、鳥飼製作所が初めて小売業に挑戦した。

 コンセプトは「地元の人が日常的に使える、道の駅のような店」。産直品や手作り雑貨に加えて、馬刺しや日用品、軽食ドリンク類も取り扱う。

 同社代表の鳥飼慶一さん(68)は「町内にはものづくり作家も多い。売り場を提供して地域に貢献したい」と語る。好立地を生かして県道利用者へのアピールも目指す。

 営業時間は午前9時~19時、定休日は毎週月曜。問い合わせは電話0942(92)5885まで。(地域リポーター・江藤裕子=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加