2016年に当時4歳だった長男にけがを負わせて死亡させたとして、傷害致死罪に問われた母親の被告(32)=福岡県朝倉郡筑前町下高場=の裁判員裁判で、佐賀地裁は10日、「害意はなくとっさの弾みで生じた事…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加