有田陶芸協会(十四代今泉今右衛門会長、53人)は9日、有田町内の磁石場跡の視察研修会を行った。会員15人が、先人が磁器の原料である磁石を採掘した竜門や岩谷川内地区を訪れ、焼き物の知識をさらに深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加