額面50億円の不正な手形を金融機関に提出したとして、福岡、佐賀両県警は9日、虚偽記入有価証券行使の疑いで、福岡県福岡市早良区野芥8丁目、自称水産業の男(70)と同区重留7丁目、自称接客業の女(70)…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加