佐賀県議会の政策条例検討委員会は8日、本年度の初会合を開き、手話を言語と認めて広く普及を図る「手話言語条例」の協議を始めた。9月定例県議会での提案を目指す。 検討委は非公開。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加