ドジョウすくいを披露する吉岡邦彦さん

 佐賀市神野西に住む吉岡邦彦さん(84)は、安来節の「ドジョウすくい」を引っ提げて、老人保健施設などのイベントに参加している。

 かすりの野良着を着て、手ぬぐいをかぶり、五円玉の鼻ひげを付け、ざるを手に持ち、腰にはびくを下げて現れるだけで、笑いがこみ上げる。吉岡さんは多くの趣味を持ち、自分を楽しみながら生きているが、安来節も十数年前に趣味を広げるために学んだ一つ。

 ドジョウをすくうまねをするとき、泥などが入りザルを重たく見せることや、ドジョウをつかむ仕草など、ちょっとしたところに面白く見せる工夫を重ねている。安来市で毎年行われている全国大会にも出たいと意欲的だ。

 吉岡さんは「踊ると喜んでもらい、自分もうれしくなり、達成感を味わいます」。老いても新しい気持ちで、絶えず挑戦する大事さを教えてもらう。連絡先は吉岡さん、電話0952(31)1146。(地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加