県内での就職希望者に佐賀で働く魅力を伝えるキャリアアドバイザーの高木耕一郎さん=佐賀市のジョブカフェSAGA

 古里での転職など「UJIターン」を考える就職希望者向けのセミナーが2日、佐賀市のジョブカフェSAGAで開かれた。Uターン希望者ら8人が県内企業の状況、佐賀での暮らしについて理解を深めた。

 ジョブカフェSAGAのキャリアアドバイザー高木耕一郎さん(56)が東京や大阪より賃金は低いが、物価は安く通勤時間が短くなる佐賀県の魅力をアピール。交通の要衝である鳥栖市に運輸、倉庫業が集中し、歴史ある製造業が県内に多いことも説明した。企業ガイドブック「さが就活ナビ」を利用して情報を集めるよう呼び掛けた。

 父親が体調を崩したことから東京都の製造業を昨年2月に辞めた佐賀市の男性(36)は「人手不足で求人が増えていることもあり転職を決断した。セミナーでは、地元ならではの情報を得ることができた。希望する仕事を見つけたい」と感想を述べた。

 セミナーはジョブカフェSAGAが大型連休に合わせ、3年前から開いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加