災害現場での小型無人機ドローンの導入に向け、多久市消防団(陣内成和団長)は7日、ドローンの操縦経験がある市職員1人を特定の活動だけに参加する「機能別団員」に任命した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加