国民民主党が旗揚げした7日、佐賀県内の与党関係者は、昨年秋の衆院選から続く新党結成の動きに「違和感がある」と批判した。野党側は、旧民進党出身の県選出衆院議員の対応が分かれたことによる連携への影響を懸念した。

野党、結束へ不安の声も

 自民党県連の留守茂幸会長は「離合集散ばかり。もう少し理念でまとまらなければ、有権者には分かりづらい」と受け止めた。公明党県本部の中本正一代表も「衆院選で分かれたことの総括がないままでは、単に数合わせと言われても仕方がない」と述べた。
 県議会で旧民進と統一会派を組み、昨秋は原口一博(佐賀1区)、大串博志(同2区)両衆院議員を支援した社民党県連の徳光清孝幹事長は、新党とも連携するとした上で「大串氏が外れ、県内が一枚岩ではないのが懸念材料」と漏らした。共産党県委員会の今田真人委員長は「安保法制への対応はどうなるのか。あいまいなままでは国民の信は得られない」とけん制した。

このエントリーをはてなブックマークに追加