民進党と希望の党の合流による新党「国民民主党」が7日、結党した。民進副代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)は新党の代表代行に就任する。一方、希望の大串博志衆院議員(佐賀2区)は参加せず、無所属で活動すると表明した。県選出の野党2議員の対応は分かれたが、民進佐賀県連は新党の県組織に移行した後も大串氏と連携していくとみられる。 

 大串氏は結党大会前に国会内で会見し、今回の合流を「自公に対抗するための野党結集の動きとして評価する」としつつ、「今後第2、3弾の動きがあると思う。立憲民主党も含めた大きな固まりをつくる仕事を、私がリード役としてやらねばならない」と不参加の理由を述べた。

 大串氏は「大きな固まりをつくるのに最適なのは無所属の立場だと考えた」とし、立民への参加は否定した。岡田克也元外相が代表の衆院会派「無所属の会」への参加については「同会が今後どういう活動をするのか見極めたい」と述べるにとどめた。

 原口氏と対応が分かれたことに関し、大串氏は「自公に対抗する野党の結集という目標は新党と同じだ。原口氏とは連日のように相談しながらこれまでの意思決定をしてきた。2人で役割分担しながら県内の対与党勢力をまとめ、発展させていきたい」と強調した。

 原口氏は結党大会後に取材に応じ、「バラバラになった民進が衆参で一つの固まりになれてうれしい。作成に携わった新党の政策、綱領は先進的で、自由と人権の党、未来の日本をつくっていく党になる」と評価した。代表代行就任に関しては「党務全般を見ていく仕事で責任が重い。自民に代わって日本を引っ張る国民政党の人材づくりにまい進したい」と力を込めた。

 大串氏の新党不参加に関し、原口氏は「残念だ。早く(新党参加を)決断してほしいと思う」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加