絵付けの職人が描いたネコの絵の周りに子どもたちが絵を描いた「アートジャック」=有田町の皿山通り

有田陶器市で唐船城築城800年をPRする武者隊=有田町上幸平

 有田町一帯で開かれた有田陶器市は最終日の5日、同町の古城跡、唐船城築城800年をPRする武者行列や、道路に絵を描くアートジャックなどさまざまな催しがあり、陶器市のフィナーレを盛り上げた。

 武者行列は「松浦党有田武者隊(原口隆隊長)をはじめ、松尾佳昭町長や町職員、地元の子どもたちら約40人。唐船城築城800年の記念行事(10月13日~11月25日)を広く知ってもらおうと、泉山地区からJR有田駅までの約3・5キロを練り歩いた。

 よろい、かぶと姿の一行は「有田陶器市のますますの発展を願って、いやさか」と陶器市をアピール。唐船城の紹介や記念行事の内容を書いたチラシを配った。

 また、皿山通りでは「アートジャック」があった。素焼きのチョークを使い、家族連れらが普段はできない道路に絵を描く体験を楽しんでいた。肥前窯業圏8地域で販売しているやきものネイルシートの無料体験もあり、女性客が市松模様などのネイルを試していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加