小城市小城町の清水山見瀧寺寶地院(清水観音)にあった沙羅双樹(サラソウジュ)が台風被害で枯れて約5年たち、その種から命をつないだ「2代目」が今春、初めて花をつけた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加