中学生世代の日本一を決める第22回全日本U-15サッカー大会第2日は4日、大阪府のJ-GREEN堺で準決勝までがあり、サガン鳥栖U-15は準決勝で清水エスパルスジュニアユースに0-3で敗れた。

 サガン鳥栖U-15は広島、G大阪、大宮との1次リーグを2勝1分けで突破。4チームで競う決勝トーナメントに進出した。

 清水戦は相手のセットプレーなどに苦しみ、前半に2点を失うと、後半も追加点を許した。

このエントリーをはてなブックマークに追加