県内の小学6年生の未来像を紹介する企画「ボクの夢 私の夢」。2017年度はサッカー選手が5年連続1位で不動の人気を誇る。上位の職業は昨年度とほとんど変わらないが、動画投稿サイト「Youtube(ユーチューブ)」に動画を投稿して収入を得る「ユーチューバー」が、昨年に続いて人気を博し、27位から20位内へとランクアップした。5日の「こどもの日」に合わせ、県内7456人の「夢」のランキングを紹介する。

 

 

 

 


 5年連続で1、2位は変わらずサッカー選手が1位、野球選手が2位となったが、6人差と僅差で野球が追い上げを見せた。16年にプロ野球日本ハムを日本一に導くなど活躍した大谷翔平選手の影響か。また、上位のラインナップに大きな変化は見られないものの、順位には変化があった。ゲームクリエーターが10位内から15位に降下。一昨年50位以下から一気に27位へ上がった「Youtuber(ユーチューバー)」は、さらに19位へとランクアップ。また公務員も28位から20位内に入った。そんな中、2012年度から20位内を保持していた漫画家が今回初めて20位内から外れた。
 また、九州で相次ぐ自然災害の影響からか、「被災地を元気づけたい」や「人を助けたい」という声も多々あった。
 3~10位は、3位は看護師374人(前年度4位)4位保育士371人(同3位)5位医師288人(同6位)6位パティシエ256人(同5位)7位薬剤師207人(同11位)8位美容師203人(同7位)9位料理人196人(前年度と同じ)10位教師190人(同8位)。
 オンリーワンの夢は、「羽をつけて自由に世界中を飛び回る」や「他の星の生物と話す」、「くまモンの着ぐるみに入って熊本の人を勇気づける」などがあった。

【集計方法】 2017年度に佐賀新聞に掲載した「ボクの夢 私の夢」は、県内小学校163校の6年生267クラス・7456人分。1人で複数の夢を記述した分を含め、延べ7544件について職業別に男女の区別なく分類した。職業名は子どもの表現・表記を尊重し、スポーツ選手はプロ・アマ問わず競技別で集計した。例えば「公務員」は国や県、市町村の職員をまとめ、警察官や自衛官、消防士(レスキュー隊)は区別した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加