バレーボールの全日本男女選抜大会第4日は3日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で準々決勝が行われ、男子は、プレミアリーグ覇者で全日本選手権と合わせて3冠を狙うパナソニックが堺を3―1で退けて、準決勝に進んだ。

 東レはサントリー、FC東京は豊田合成をそれぞれフルセットで下した。3連覇を狙ったJTはジェイテクトにフルセットで敗れた。

 女子は、2連覇を目指すデンソーが東レにストレート勝ちし、準決勝に進出した。プレミアリーグ王者の久光製薬と、岡山シーガルズ、JTが4強入り。

 4日の準決勝は男子がパナソニック―東レ、ジェイテクト―FC東京、女子は久光製薬―デンソー、岡山シーガルズ―JTの顔合わせとなった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加