7日から業務を始める新しい武雄市役所には、いろんな“面白仕様”がある。健康を意識させる表示や列車を眺められるテラスなどなど。楽しい仕掛けを紹介する。

 

■柱や壁がホワイトボード

事務室の柱や会議室の壁はホワイトボード仕様。部課内での情報共有に役立つ

 事務フロアの柱や会議室の壁の一部はホワイトボード仕様になっている。部課内の情報共有や伝言、スケジュール管理など、さまざまな用途に活用できる。

 

■消費カロリー表示のある階段

階段にある運動による消費カロリー表示

 階段には「一段上れば0.1キロカロリー消費」を示す「-0.1kcal」などの表示がある。「階段を使って健康増進につなげる意識付けに」という狙いだ。

 

■トレインビューテラス

走る列車を眺めることができる3階のトレインビューテラス

 3階の室外には、庁舎をL字型に囲む「トレインビューテラス」がある。西側では走る列車を眺めることができ、南側は御船山や市街地が一望できる。うれしいのは、休日を含めて午前8時から午後9時まで開放されること。1階のホールを含め、市役所でちょっとした会合ができる。

 

■身長に合う歩幅が分かる廊下

長い廊下にある身長に合った歩幅が分かる表示

 1階と3階にある長い廊下には、身長にあった歩幅が分かる表示がある。110センチから170センチまで20センチ刻みで4種の線が引いてあり、実際に歩いて確かめられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加