石炭窯でコーヒーなどを楽しむ来場者=嬉野市塩田町の志田焼の里博物館

 嬉野市塩田町にある志田焼の里博物館で3日、春まつりが始まった。志田陶磁器の工場跡がそのまま残されている同博物館では、陶芸体験や大窯喫茶店などの催しがあり、多くの来場者でにぎわっている。4日まで。

 大窯喫茶店では、現在残っている国内最大級の石炭窯を活用し、無料のコーヒーやジュースが楽しめる。来場者が実際にトッピングしたピザを窯で焼くコーナーは、多くの親子連れでにぎわっていた。このほか、絵付けなどができる陶芸体験やバンド演奏もあった。

 志田焼資料館の所蔵物や志田の蔵は、2009年に経済産業省が認定している「近代化産業遺産群」に登録されている。同博物館の山田龍介館長は「現存している歴史ある施設を見てもらいながら、多くのイベントを楽しんでほしい」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加