新茶が入った茶つぼを手渡す中山会長(左)=嬉野市の豊玉姫神社

 新茶の収穫が最も盛んになる八十八夜に合わせた「献茶祭」が2日、嬉野市の豊玉姫神社であった。茶業関係者などが出席し、うれしの茶の繁栄を祈願した。

 式には約30人が出席した。茶業関係者らでつくる「うれしの茶活性化委員会」の中山克彦会長ら4人が、新茶が入った茶つぼを宮司に手渡した。

 献茶祭では、4月中旬に嬉野小の生徒らが釜いり茶の手もみ体験で作った茶も奉納された。出席者らはそれぞれ新茶を味わい、笑顔を見せていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加