嬉野茶の歴史や茶の入れ方などが学べる嬉野市の「うれしの茶交流館チャオシル」の入館料が、ゴールデンウイーク期間中の6日まで無料になっている。宮崎繁利館長は「連休を使って、お茶の世界を身近に感じて」と呼び掛けている。

 同交流館には、茶の農機具などを展示しているコーナーや、「うれしの茶のおいしい入れ方教室」も開かれてる。茶摘みや手もみ体験ができるブースもある。

 通常の入館料は大人300円、小中学生が150円。茶摘みや手もみなどの体験メニューは別途料金が必要。問い合わせは同交流館、電話0954(43)1991。

このエントリーをはてなブックマークに追加