安倍晋三首相、中国の習近平国家主席

 日本、中国両国間の首脳相互往来に関し、2019年までの大枠が判明した。習近平国家主席が来年6月28、29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合出席に合わせて国賓として来日し、東京などを訪問する案が有力。安倍晋三首相は今年が日中平和友好条約締結40年になるのを受け、秋以降の年内に訪中する方向で調整する。複数の日中関係筋が3日、明らかにした。両国は9日に東京で開く日中韓首脳会談に李克強首相が出席するのを弾みに関係改善を加速させる。

 中国の国家主席が国賓として来日すれば08年の胡錦濤氏以来となる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加