旧店舗解体後、造成が進む「スーパーセンタートライアル唐津店」建設地=唐津市栄町

 建物の老朽化に伴い昨年9月閉店した「トライアル唐津店」(佐賀県唐津市栄町)が現地で全面建て替えすることになった。7月着工、来年1月末の開店を予定し、今月9日午後6時から栄町公民館で地元説明会を開く。

 トライアルカンパニー(福岡市)によると、店舗は鉄骨平屋建て、売り場面積3987平方メートル。従来通り365日24時間営業で、店舗前方と屋上に駐車場159台分を確保する。旧店舗に比べ「ややコンパクトな造り」(同社)になる。

 旧店舗は1980年、寿屋唐津店として開店。閉店後の2002年、トライアルが改装して出店した。事業所や住宅、マンションが並ぶ中心部で、閉店後、跡地利用が注目されていた。土地は引き続き賃借する。

 現地建て替えについて同社は「唐津店は高齢者をはじめ歩いて来店する顧客も多かったが、老朽化に加え2階建てで買い物しづらい面があった」とし、「旧来からの利用客に加え、新しい客層を開拓していきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加