箱庭の芸術祭「愛燦燦」のチラシ

 嬉野市の嬉野温泉「和多屋別荘」は3~5日の20時半から、旅館を舞台としたライブエンターテインメント「箱庭の芸術祭」を開く。今回は「愛燦燦」と題し、日本の伝統芸能とサーカスをコラボ。バトントワリング、書道、津軽三味線、箏、囃子(はやし)、ビオラ、ピアノなどのほか、サーカスのパフォーマーも含め11人のアーティストが出演。旅館の日本庭園を舞台に、ジャンルを超えて融合した演目をつくり上げる。

 県内出身者では森永基木(津軽三味線)や中島美紀(書道)も出演。踊りながら花を生ける「華舞(かぶ)」や、椅子を積み上げての倒立、体の柔軟性を生かしたパフォーマンスなども組み合わせ、唯一無二のステージにする。同旅館では年数回、出演者や演目を変えて不定期に開催している。雨天中止の場合もある。宿泊客以外も無料で鑑賞できる。電話0954(42)0210。

このエントリーをはてなブックマークに追加