バレーボールの全日本男女選抜大会第2日は1日、丸善インテックアリーナ大阪で1次リーグが行われ、男子は3連覇に挑むC組のJTが筑波大をフルセットの末に退けて2連勝として準々決勝進出を決めた。全日本選手権、プレミアリーグとの3冠を目指すA組のパナソニックなど、プレミアリーグ勢がベスト8を占めた。

 女子のA組ではプレミアリーグ優勝の久光製薬が日立とともに2勝0敗で1次リーグを突破。2連覇を目指すD組のデンソーは岡山シーガルズに1―3で敗れ、ともに1勝1敗となった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加