唐津くんちの7番曳山(やま)「飛龍」(新町)の修復作業が31年ぶりに進められている。和紙を幾重にも貼り合わせて作られた本体は、歳月とともに傷みが目立っていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加