佐賀県は27日、労働安全衛生法違反の罪で罰金刑を受けた鳥栖市の造園業者「高取造園土木」を5月1日から1カ月の指名停止にすると発表した。

 県建設・技術課によると、同社は昨年10月、鳥栖市の県道で、高所作業車の上部で街路樹のせん定をしていた男性社員に対して必要な危険防止措置を講じなかった。社員は事故で転落し、死亡した。同社は今月5日、鳥栖簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。県からの受注実績は2017年度4件4999万円だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加